筋肉ムキムキな人たちランキングTOP10まとめ【漫画編】

シェアする

こんにちは!
隊長です!
前回はハリウッドスター編をご紹介した、この筋肉コーナー。

筋肉ムキムキな人たち9選【ハリウッドスター編】
こんにちは! 今日は筋肉のお話で、スンバラシイ肉体美を持つ人達をご紹介します。 今回はハリウッドスター、海外セレブ編ですが、スポーツ選手とか日本人、その他もまとめていくつもりです。 僕が思うムキムキって...

今回は男なら誰もが憧れた漫画キャラクターの筋肉をご紹介したいと思います!
今皆さんが思い浮かべている人物も必ず出てきます!

当たり前ですが、漫画なので限界がありません!
きれいな筋肉から憧れの強いキャラまで幅広くピックアック。

そして今回はランキング形式で発表!
早速行ってみましょう!

10位 川島清志郎


まずはこのあたりから紹介させてくださいw

ろくでなしBLUES」に出てくる大阪の高校のボス。
こいつも空手やってて体がバキバキ。

そして何と言っても指だけでコインを折り曲げる異常な握力!

真似した方も多いんじゃないでしょうか?
1ミリも曲がらないんですよねw

9位 成嶋亮


軍鶏」の主人公。
内気だった少年が成長してやばいやつになるタイプの漫画。
元はこんなの。

亮は細いが、質のいい筋肉らしい。(途中普通にめちゃくちゃゴツくなったけど)

空手がメインでとにかく強い亮さん。
でも頭はかなりイッちゃってます。

筋肉の描写が大げさじゃなく、きれいに描かれているので是非一読してください!

8位 佐藤十兵衛


僕が大好きなマンガ「喧嘩商売」とその続編「喧嘩稼業」の主人公。
こいつも高校生なんですが、なんか高校生って漫画の主人公にするには都合いいのかな?

当初は頭良くて喧嘩が強いだけの高校生だったんですが、師匠である入江文学さんに弟子入りした際に「お前は細すぎる」ってことで筋トレしまくってこの体になりました。
片手で逆立ち腕立て伏せやってましたからねw

体重はなんと100kgオーバー!身長が187あるのでそこがでかいですね。

十兵衛の良さ、というか喧嘩稼業の良さは、単純なフィジカルや格闘技の強さだけじゃなくて
作戦や戦う前の事前準備なんかが局面を左右するところです。

心理的な描写も細かく描かれていて引き込まれます!

入江さんの流派である富田流には「金剛」と「煉獄」という必殺技があってそれが決まったときの達成感ったら気持ちよすぎます!
(筋肉関係ねぇ、、、)

7位 宮沢熹一


高校鉄拳伝タフに登場する主人公です。
スタイルだけで言うとキー坊こと熹一が一番良いかもしれないです。
身長175㎝、体重75㎏ラシイ。

おとんである静虎やおじの鬼龍も超ゴリマッチョで激強です。

一時期、熹一が着ているこの「猛人注意」のTシャツめっちゃ欲しかったですw

でも買わなくてよかった、、

流石にこれ着てたらイタイですよね笑
喧嘩売られそうだし。

6位 空条承太郎


このあたりからファンタジーよりのキャラになっていきますw

ジョジョの奇妙な冒険(3部)に登場する高校生。
身長195cm、体重82kg。

親父のジョセフ・ジョースターは身長195cm、体重97kgらしいのでこっちのほうがゴリゴリだな。

でその親父のジョナサン・ジョースターはもっとゴツそうw

ちなみに範馬勇次郎の身長は推定190らしいので次に出てくる勇次郎よりもでかいことになります。
ただ、勇次郎の体重は推定120kgオーバーなので筋肉量が圧倒的に違いますねw

ジョジョは筋肉ゴリゴリの男臭い感じが好きだったのですが、
時代とともに何故かヒョロガリになっていって悲しいです。

こんなガタイであの「オラオラ」が繰り出せるのか?

やれやれです。

5位 範馬親子


筋肉、格闘漫画といえばこの漫画。
刃牙」シリーズ。

そして範馬勇次郎
作中では世界最強の人物とされており、二つ名は「地上最強の生物」「オーガ」「巨凶」などなど。
オバマ大統領やトランプ大統領、安倍首相なんかの各国の長がひれ伏す描写が恒例となっています。

グラップラー刃牙の頃から読んでますが、勇次郎最初の方はこんなにぶっ飛んだ強さじゃなかったんですよね。
愚地独歩とかなりいい勝負してましたし。
途中からおかしくなっちゃいました。

で、有名なのがこの背中の筋肉。

この鬼の顔の筋肉のせいでオーガと呼ばれています。

頭蓋骨も鬼の顔。

ちなみに脳みそもこんな感じになってますw

そしてその息子の範馬刃牙

ちなみに彼も途中で覚醒して鬼の背中を披露。

この親子の身体能力は常軌を逸しており、筋肉どうこうの話ではない気もします。

オリバ


バキで筋肉といえばこのお方を忘れてはいけません。

Mr.アンチェインこと、ビスケット・オリバさん。

セルジオ・オリバという実在の人物がモデルになっていて、本当にただの筋肉ダルマですw
このモデルのセルジオ・オリバも化物で、なんでも奥さんに銃で5発打たれて死ななかったそうです。

4位 蒙武


人気爆発中の漫画「キングダム」の登場人物。
一時期は中華最強と謳われていた蒙武さん。

その衝撃的なシーンがこちら。

汗明との戦いできれーーーーいに汗明の頭を持っていきます

この棍棒みたいな武器でこの持っていき方は相当な筋肉とパワーじゃないと無理ですよ、、。
その後、木っ端微塵にするんですけどねw

3位 ラオウ


伝説的キャラクター、ラオウ。身長210cm、体重145kg。
有名な昇天シーンでの「我が生涯に一片の悔い無し」というセリフは誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。
だが、人類は死に絶えてはいなかった。

から始まる名作「北斗の拳」に世紀末覇者として君臨したラオウ。

ケンシロウとの戦いの果に昇天するわけですが、その筋肉たるやどの漫画のキャラクターも越えられない壁がある気がします。

2位 ウヴォーギン


ハンターハンター」よりウヴォーさん。

人気も割とあって、死んじゃったのが悲しいですが、何と言ってもスペックがパないですw
なんと身長258cm、体重189kg
デカすぎぃ!!

今回挙げてるキャラの中でもダントツででかいですね。

それに加えて強化系の念能力ですから、強さで言っても一番かもしれません。

じゃあ、それに勝ったクラピカって、、、。

1位 戸愚呂 弟


栄えある第一位は戸愚呂さん弟です!!
ラオウであんなこと言っておきながら、早速超えてしまいました。

というかこいつの筋肉は筋肉と言える代物かはわかりませんが。
こちらも超有名。幽遊白書でおなじみの戸愚呂さん。
兄者は影が薄いですが、弟者の方は知名度も人気も高いですよね。

そんな彼は筋肉量を自在にコントロールできる妖怪です。
最終的には「100%中の100%」とか言って限界を超えた反動で死んじゃいました。

指弾っていう親指を弾くだけで空気が弾丸並みの強力な武器があるんですが、昔よく真似してました。
かなりのヒールキャラでしたが、本当は良いやつなんですよね、、、。
でも、悲しいことがあったからってめちゃくちゃしていいわけはないですw
で、最後の名シーンね。

いや誰だよw
イケメンすぎw

というわけで、筋肉ランキング漫画編でした!

以上!

シェアする